season

どくだみの効能

aroma necologne の庭では、今どくだみの白い花が可愛らしく咲き乱れています。

十薬(じゅうやく)とも言われるどくだみは、古来から民間の薬として使われ、憎たらしいほど抜いても抜いても、生えてくる驚異的な生命力を持っています。

ではどくだみにはどのような効能があるのでしょうか?

主な効能は
デトックス 毛細血管の強化 アトピー性皮膚炎やアレルギーの対策
吹き出物やニキビ 便秘解消
むくみ解消 冷え性 血液の浄化 動脈硬化の予防 糖尿病予防

などなど、これ以外にも様々な効能があると言われています。

中でも殺菌力、デトックス効果、老廃物を排出する働きが強く、肌トラブルの予防、血液浄化に効果的です。

体内の毒素が原因となるアレルギーの体質改善を期待でき、便秘にも腸内に溜まった老廃物を排出させてくれますので効果的です。

更にポリフェノールが豊富で、血液の浄化、血管を丈夫にし、動脈硬化予防、冷え性の改善に期待できます。




お茶として飲むのが一般的ですが、
味噌汁に入れたり炒めたりして、食べて、摂取することもできます。
ただ、独特な匂いがキツく、なかなかそのまま食べるのは難しいかもしれません。

この匂いはアルデヒドという非常に強力な抗菌作用がある成分。

お茶や食品として摂取する他、
お風呂に入れて、薬草風呂にしても、
葉を揉んで汁を患部に直接付けたり、
鼻づまりの時は葉を丸めて鼻に詰めると鼻が通ります。

今の季節の、花を付けたどくだみが一番効果が強く、生のままの方が殺菌力に優れていますが、
乾燥して保存しておけば、お茶にしたりお風呂に入れて年中使用することができます。

aroma necologne では、どくだみの花が咲いている間は、フットバスに使用させていただいています。

アロマリンパケアトリートメント ボディ
RESERVA予約システムから予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です