season

効能いっぱい 簡単 ホームメイド赤しそジュースの作り方

こんにちは。
京都 大山崎のアロマ&ベビーサロン
アロマネコロンです。

6〜7月に出回る赤シソ、
野菜の中ではトップクラスに入るほどベータカロチン、カルシウム、カリウム、鉄分やビタミン、ミネラルも豊富で、体によい成分いっぱいです。

大量に食べるのは難しいですが、
ジュースにすれば、手軽に毎日取ることができますし、
炭酸割り、カルピス割りやかき氷に、夏を乗り切るのに重宝しますよ。

赤シソジュースは、アレルギー症状の改善、整腸作用、ダイエット、成人病予防、血管疾患予防、血液サラサラ、アンチエイジングの効果が期待できます。

冷蔵庫で一年も保存できますので、ぜひこの時間手に入れて、作り置きしておきましょう。

✴︎材料✴︎

赤しその葉 300g
水 2L
リンゴ酢 2カップ
キビ砂糖 500g
レモン汁 大さじ2

赤しその葉を取り、綺麗に洗って水に浸けておきます。シャキッとします。

鍋の水を火にかけ、沸騰したらリンゴ酢とレモン汁を加え、
赤しその葉を入れて、さらに10分程煮出します。

パスタ用の鍋がオススメ

汁が鮮やかな赤になったら、
葉を取り出します。
残った葉は、しそ紅葉(ゆかり)にします。

シソゆかりの作り方

パスタ用の鍋なら、そのまま中身を取り出せばオッケー、
普通の鍋なら、一度ザルでこします。

汁にキビ砂糖を加えて20分ほど煮詰め、暑いうちに保存容器に入れます。

冷めたら冷蔵庫で保存し、水や炭酸水で、お好みで3〜5倍に割ります。

今年は小学生の娘が1人で作ってくれました。色水遊びのようで楽しんでいましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です